薄毛を改善する為に | AGAの原因と症状|適切な治療で薄毛とおさらば

薄毛を改善する為に

洗う

発毛にはシャンプー選びが重要です。

日本人の薄毛に悩む人口の割合は26%とアジアでトップです。4人に1人が薄毛に悩んでいるといえます。薄毛の治療には服薬、生活習慣の改善、ストレスの解消、ヘアケアが必要とされています。ヘアケアでは頭皮を清潔に保つことが大切です。シャンプー選びも重要になってきます。発毛に効果的なシャンプーは石油製の界面活性剤不使用のものが良いとされています。界面活性剤は頭皮に残りやすく、頭皮を傷つけてしまう可能性があるからです。この界面活性剤不使用のシャンプーはノンシリコンシャンプーが流行してきたのと同時に商品開発が進んでいます。その為、様々な商品が販売されています。シャンプーはただ洗い流すだけでは不十分です。頭皮に良い効果のシャンプーを選ぶことで発毛促進につながります。

発毛で注意しなければいけないことは洗髪のしすぎです。頭皮を清潔に保つ為に、1日に何回も洗髪をするのは逆効果です。育っている毛髪が抜け落ちる恐れがあります。また発毛剤を使用する人も多くみられますが、発毛剤を使用し発毛に至るまでは6ヶ月程度の期間があるといわれています。多くの人がこの6ヶ月以内に薬の使用を止めてしまい十分な効果が得られないということがあります。また、こういった発毛剤は少なからず副作用があり低血圧やアレルギー反応、むくみ、性機能の低下、頭痛、使用中止によるリバウンドがみられることもあります。その為、薄毛の治療は専門家に相談することでリスクが少なく自分に合った治療方法を選択することができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加